こんにちは、パソコン家庭教師の長谷川です。

さて、周辺機器の消耗品シリーズ、その3は、

ディスプレイ(モニター)

についてです。

ノートパソコンでも、デスクトップパソコンでも、ディスプレイは必須です。

ですがこのディスプレイが、いきなり故障!なんてことになったら、相当困ります。

ひょっとしたら、故障を経験したことがある方も、いらっしゃるかもしれませんね。(ほんと、大変ですよね・・・)

私も、いろいろなパソコンを使ってきていますが、ディスプレイの故障は、直ぐに直せるというものではないため、なかなか大変な思いをしたこともあります。

さて、このディスプレイは、なかなか壊れないと思っている方が多いのですが、実は消耗品の1つなのです。

もちろん、最近のものはそう簡単には壊れない耐久性がありますが、もし、以下のような症状が出たら、要注意です。

直ぐに、お使いのメーカーのサポートセンターや、購入先のお店のサポート窓口に、症状の確認をしましょう!

※ディスプレイ一体型のノートPC等の場合でも、同じようなことがあり得ますので、参考になると思います。

・今まで聞こえなかったような音が聞こえる(気になる大きさのモーター音のようなものなど)
・ケーブル類がきちんと接続されていても、時々、画面がちらつく
・目立つホコリ等を取り除いても、ディスプレイ本体が、熱くなるようになった
・設定など変えていないのに、画面が前と比べて、暗くなった感じがする
・電源ボタンなど、ディスプレイに付いているボタンの反応が鈍くなった

などなど。

「今までと何か違うかも。」と思い当たることがあったら、直ぐに、詳しい人に相談してみましょう。!