こんにちは、パソコン家庭教師の長谷川です。

パソコンには、ごみ箱というものがあります。
必要なくなったファイル・フォルダを捨てる時に使いますよね。
これは、普通に生活の中で使っているごみ箱と使い方は一緒です。

ですので、いっぱい捨てていると、そのうちゴミ箱も一杯になってきてしまいます。

パソコンの場合でもごみ箱の中の要らないファイルは、意図的に空にして上げる必要があります。

ごみ箱にも容量の限界があり、ずっと空にしないでいると、いっぱいごみが溜まってしまい、パソコンのハードディスク容量を無駄に使ってしまいます。

空にする方法は、簡単です。

Windowsの場合、デスクトップに表示されているごみ箱を右クリックして「ごみ箱を空にする」を選びます。

この操作を行うことで、ごみ箱に入っていたファイル・フォルダが、パソコンから削除されます。

1点、注意することは、ごみ箱を空にしてしまうと、もとに戻すことができなくなります。

間違って捨ててしまったファイルなどがあった場合、復旧はできませんので気を付けましょう。